【CSR活動】イベントレポート:Waffle Festival 2024 & Technovation Girls 2024

イベントレポート:Waffle Festival 2024 & Technovation Girls 2024

Unity は、IT分野のジェンダーギャップの解消を目指す特定非営利活動法人Waffle社が5月25日(土)に東京・原宿にて開催した、10代の女子およびジェンダーマイノリティを対象とした世界最大級の社会課題解決型アプリ開発コンテスト「Technovation Girls 2024 日本公式ピッチイベント(後援:文部科学省)」にスポンサー企業として参加しました。

Technovation Girls 2024には、全国47都道府県より、昨年の約2倍となる総勢409名、85チームが参加。大手企業をはじめとする社会人ボランティア150名超のサポートのもと、アプリを開発し、選抜された10チームが日本公式ピッチイベントに参加しました。

優秀な10チームのプレゼンテーションの中で、今年のUnity 賞は下記のチームが受賞しました!

Unity 賞(ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン株式会社 提供)

 チーム名:latte link(ラテリンク)

 学生と外国人観光客のコミュニケーションアプリ「Flag Mate(フラッグメイト)」

イベントの開催後、参加した中高生からは、「自分達のアイデアや熱意、問題の重要性を精一杯伝えることができた。」「他のチームの発表からもさまざまな視点や印象的なピッチのやり方を学べ、貴重な経験ができた。」といった声が聞かれました。

本ピッチの視聴者からは、「女性×若者のイノベーション力が、社会を元気に変えていく、未来社会を想像させてくれるイベントでした。」「(参加者の)プロジェクトを推し進める遂行力や企画力、チームワークと責任感、外部の人間を巻き込んでいくアクティブな姿勢などに感動しました。」といった感想が寄せられました。

Unity は、これからもクリエイターの皆さんを支援するために努めてまいります。

Unity ユーザー 学生応援インタビュー

目次